じょーしーラボ日記 1/100ガンダム制作記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

全機仮ギャラリー

100gundam23
100gundam24
100gundam25



G-3の画像をjuneさんからたくさんもらっているんですが、なぜか写真が90度回転されてアップされてしまいます・・・。

こないだはうまくいったのにな~。イベント終了後、撮影し直すか、現象を解決してアップします。

スポンサーサイト


2016/08/27 00:14 | 1/100ガンダム制作記COMMENT(4)  TOP

『1/100ペーパークラフト ガンダム制作記』G3が完成したようです

100gundam22


うまい・・・さすがjuneさんです。スピード重視で組み立ててくれましたが、綺麗です。

藤紫の色もきちんと再現されています。この紙を見つけたときはあまりにも綺麗な色なので絶対に使わなければと思っていました。

現在自分はというと、まだシャアカラーが終わっていません(汗

ここには書けないいろいろなできごとで時間が・・・言い訳~w

シャアのピンクはやや鈍い色ですが、いい味は出ていると思います。完成したらちゃんと写真載せますので。。。


2016/08/20 09:45 | 1/100ガンダム制作記COMMENT(0)  TOP

『1/100ペーパークラフト ガンダム制作記』ピンク以外のとこ組み立て

100gundam21


シャアカラーの上半身ができてます。まだ細かいところにちょいちょい手直しが必要だったりしてます。

襟とボディの色の微妙な違いがきちんと再現されたのでまずは一安心。

ピンクの紙も決まったことですし、早いとこピンクの部品とのマッチングを見たいところです。


2016/07/28 09:08 | 1/100ガンダム制作記COMMENT(0)  TOP

『1/100ペーパークラフト ガンダム制作記』最後の大きめな改修

100gundam20


これは足の部品なんですが、シャア専用カラーを組み立てる前は、このような設計でした。

しかしこれでは安定感が非常に低く、立たせたときにちょっとふらついていました。

1/100だから、これでも十分と考えてましたが、甘かった。バズーカもあるし、スリッパも浮きやすいし。

100gundam19


そこで、改修してこのようにしました。1/60の構造と似たような感じに。安定感抜群です。

さすがにこのような大きめな改修は最後だと思います。

そしてピンクの部分の紙ですが、NTラシャのこうばいで決めようと思います。

少し濃いめですが、ネットモデラーの中でも濃いめで塗る人もいますし、そこまで違和感はないかと。

紙の見本帳を見ながらネット画像に出てくるGFFのシャア専用ガンダムを見ていたら、他の色で近くなりそう。


2016/07/27 16:00 | 1/100ガンダム制作記COMMENT(0)  TOP

『1/100ペーパークラフト ガンダム制作記』シャア専用色

100gundam18


シャア専用カラーを組み立て始めようと紙を切り出したのですが、困ったことに。

注文してあった紙が『ケンラン』という紙の珊瑚という色です。写真の一番下に敷いてあるものです。

厚さ・色ともに完璧で、これよりぴったりなものはありませんでした。

ところが、いざ切り抜き、折り筋を入れ、折り曲げてみるとこれが硬い。さすがカード紙。普通に大きい部品でもストレスを感じます。

そしてツヤ。NTラシャと違って少し光沢があるんです。未塗装のプラモくらいの光沢です。

このツヤのまま組み立てると間違いなく安っぽくなります。

やはりここはこだわりたいので、このケンランという紙はお蔵入りになりそうです。

というわけでまた紙探しなのですが、前述のとおり、ケンランに劣らないほど適した色の紙がない・・・。

写真はNTラシャの『こうばい』と『ぼたん』ですが、ちょっと濃いし、もう少し黄色味がほしいところ。

他にも『紅鮭』や色上質のサーモンなどがありますが、どちらも色が薄い。

juneさんもザクのときに苦慮していましたが、紅鮭にしていました。

NTラシャ100kgの厚さで『こうばい』と『紅鮭』の中間くらいの濃度の色画用紙ってないのでしょうか・・・。


2016/07/21 14:42 | 1/100ガンダム制作記COMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。